ダイエットの種類 運動系 食事系

正月太りの対策方法とは?

更新日:

どうも。
3か月でマイナス5kgを目指すダイエットチャレンジブログの管理人です。

 

新年を迎え、どのようなお正月を過ごしておりますでしょうか?

 

お正月は、お節料理やお寿司、お雑煮、おしるこなど
おいしい料理や食べ物を食べる機会が多く
ダイエット中の方やこれからダイエットをしようと考えてる方にとっては
とても酷ですよね。

 

お正月に食べ過ぎて
「正月太り」しないための
コツや対策方法などについて調べてみました。

 

そもそも、なぜ正月太りするのかというと
お正月によく食べるお節料理やお餅、お寿司、揚げ物などのオードブルなど
味付けの濃いものや栄養バランスの偏った食事になりがちで

さらに、食べる時間もながく、思わず食べ過ぎてしまうことが
主な要因として挙げられます。

 

また、お正月ではない普段の日常では
お仕事したり家事や育児などなど
1日のなかでもなにかと「動く」機会があります。

だけども、正月では初詣に行く以外では
極端に体を動かす機会が減ってしまいます。

いわゆる「運動不足」状態となってしまいます。

 

そのため、食べ過ぎと運動不足により

「摂取カロリーが消費カロリーよりもはるかに多い状態」

となってしまうため、カロリー過剰になり太ってしまうのです。

 

つまり、正月太りをしないためにどうすべきかというと

まずは、食べる量を控えることが重要です。

 

そして、食べたあとは必ず意識的にでも体を動かしましょう!

 

当たり前のことかもしれませんが
これをするかしないかでは結果(体重の増減)には
大きな差が生まれてきます。

 

というのも、

脂肪は食べてすぐに作られるわけではなく
食事後48時間かけて作られようです。

そのため、48時間以内に摂取したカロリーを消費することができれば
太りにくくなるということなのです。

管理人は、地元の山の上にある神社に参拝に行きましたが
普段では車で近くまで登っていけるのですが
山の麓に停めて歩いていきました。

坂も急で、片道1時間もかかりましが
身体もポカポカしてとてもよい運動になりましたので

早速お昼に食べたカロリーは多少消費できたのではないでしょうか。

 

そしてさらに、作られた脂肪が体脂肪として身体についてくるのに
1~2週間ほどかかるようですので、

この間にも運動するのももちろんですが
新たに体脂肪をつけないように食事量を控えるなどして
コントロールすることが正月太りを抑えるコツだそうです。

 

このやり方を理解しておけば
正月だけでなく、普段の食生活でも活かせそうですね。

少し食べ過ぎたと感じたら、
少しの運動、少しの食事コントロールを心がけることで
日頃から太りにくい習慣を身につけていきましょう!

 

-ダイエットの種類, 運動系, 食事系

Copyright© 3ヶ月でマイナス5kgを目指すダイエットチャレンジブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.