ダイエットの効率化

ダイエットの成功率を高める方法

更新日:

どうも。
3か月でマイナス5kgを目指すダイエットチャレンジブログの管理人です。

 

ダイエットを成功させるためには
食生活を改善することと運動をすること、

そして、なによりそれらを「継続」して行うことが
成功への鍵となります。

 

私たちの身体というのは時間をかけて作られます。

今日は太ってるけど、明日には痩せている
ということはあり得ません。

時間をかけて「継続」して体質改善をしていった先に
ダイエットの成功があるのです。

 

しかし残念なことに、
いくら頑張って「継続」をしても
思うような結果が得られなかった、目標体重まで落ちなかった、
ということはよくあります。

 

それはなぜでしょうか?

 

答えは簡単です。

 

そのダイエット方法が自分に合っていなかったからなのです。

 

ちなみに、こんなこともよく聞きます。

「友達がマイナス10kgのダイエットに成功したので
その方法を教えてもらって同じようにやったのに
全然痩せなかった。」

 

実は、これも同じこと。

 

つまり、人にはそれぞれも生まれ持った体質あります。

その体質に合った方法でなければ
いくら頑張って「継続」しても
なかなか成果にはつながらず
挫折してしまいます。

 

一度挫折してしまうと
自分は何をやっても成功しない、と

ダイエットに消極的になってしまい
最悪の結果、痩せることを諦めてしまいます。

 

そうならないためにも
まずは自分の体質を知ることが
重要なのです!

 

では、どうやったら自分の体質を知るのかというと、

 

「遺伝子検査」を行います。

 

 

遺伝子検査と聞くと、
一瞬身構えてしまいそうですが
いわゆる血縁関係を調べるようなことではなく
最近ではダイエット用の遺伝子検査キットというのがあります。

 

検査方法は簡単で
ほっぺたの内側の粘膜に
綿棒をこすりつけて
それを検査機関に出すだけで
自分がどのような体質なのかが簡単にわかるようです。

 

自分はどういった物を食べると太りやすいとか
痩せるためにはどんな運動が向いているとか。

 

例えば、体質的に糖質の代謝がいい人の場合
甘いものをたくさん食べても上手に代謝されるので
糖質制限ダイエットをしてもあまり変化はないかもしれません。

しかし、体質的に糖質の代謝が悪い人であれば
同じだけ食べてしまうと太ってしまう可能性があるので、
糖質制限ダイエットは効果的かもしれないということです。

 

運動に関しても、
体質的にたんぱく質が不足しやすい人は
筋肉量がおちやすく基礎代謝が下がってしまう可能性があるので
マラソンのような有酸素運動よりも
筋トレを積極的に行うほうがよいかもしれない、

ということがわかります。

 

このように
自分の体質を知ることで
自分に合ったダイエット方法が見つかりやすくなるので

手あたり次第にいろいろなダイエットを試さなくても
ぐんとダイエットの成功率は高まるかもしれません。

 

検査自体はそこまで高いものでもありませんし
一度の検査でどういった体質かを知ることができるので
ダイエットにかかわらず、
これからの健康管理のためにもやっておいてもいいかなーと思います。

-ダイエットの効率化

Copyright© 3ヶ月でマイナス5kgを目指すダイエットチャレンジブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.